12月 2019アーカイブ

美容学校で学べることとは

美容師やネイリストなどの人気職種を目指す人々の学びの場所でもある美容学校ですが、どのようなことが学べるのか、疑問に思われるのではないでしょうか。

実技を伴う授業が多いと思われている美容学校ですが、実は座学も多いのです。美容学校で学ぶのは技術だけではなく、薬品などについても学ばなくてはないけません。美容師でもエステティシャンでも、技術だけではなくシャンプーやクリームなどさまざまな美容アイテムを用いて施術を行いますので、使用するアイテムについて理解をしておかなくてはいけません。また、皮膚などについても理解をしておかないと、専門性を極めているとは言えませんので、実は美容学校では座学で学ぶということも多いのです。

もちろん、実技というのも多いですが美容師ならカットやカラーリングの手順を覚えるだけではなく、そこに用いる製品に使われているものにどのような成分が含まれているのかを知ることで、敏感肌のお客様にも対応できる美容専門家になれるのです。
自分に合った美容学校を探す為に一度東京の美容専門学校のオープンキャンパスに行かれることをお勧めします。

エステの美容学校で学ぶ事

エステの美容専門学校に入学するとエステティシャンとして活躍できる技術を身につけることができます。

エステの資格は沢山ありますが、その中でも世界的に有名な資格に「CIDESCO国際ライセンス」というものがあります。

世界で通用するエステティシャンであることが認めてもらえる資格で、この資格を持っていると海外でもエステティシャンとして活躍する事が可能です。エステの専門学校で勉強して資格を取得すれば合格率は100%なので安心です。学校によって取得できるエステの資格は異なりますので、どの協会が認定しているエステティシャンの資格が取得できるのか事前に確認しておきましょう。

エステティシャンの資格はフェイシャルルエステ、ボディエステ、リラクゼーションエステなどの手技からマシンについて、エステティシャンとしてのマナー、接客技術、衛生管理やエステの歴史など細かく勉強していきます。

生徒同士で施術し合うことも多いので、綺麗になりながら他の人を綺麗にする知識を身につけていく事ができます。美容に興味があれば楽しく学校生活を送れるでしょう。